実質化された「人・農地プラン」の公表について

人・農地プランとは

農業をめぐる環境は、高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加など、本町においても今後の地域農業の問題となっております。

今後5年、10年後の集落、地域農業の維持活性化を図るため、国においては、集落・地域での話し合いにより、地域農業のあり方について議論を進め、地域農業を担う経営体や生産基盤となる農地をどのように活用していくか、人と農地の問題を解決しながら、将来のプランを作成する事業が始まりました。

人・農地プランとは、地域の「人」と「農地」の問題を解決するための「未来の設計図」です。地域の将来像を話し合い、課題を抽出し、解決していくための計画書です。課題を抱える全国の地域で、プランづくりが進められています。

それぞれの集落・地域において話し合いを行いながらプランを作成し、「人と農地の問題」を解決しましょう。

実質化されたとみなせる人・農地プランの区域の公表について