選挙における新型コロナウイルス感染症対策について

 令和3年10月31日に実施される衆議院議員通常選挙、最高裁判所裁判官国民審査における新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策として以下のとおり対策を行います。今後の感染状況により、見直される場合があることをご承知おきください。

有権者の皆様が安心して投票ができるよう感染防止対策を実施します

(1)すべての投票所(期日前投票を含む)に、消毒用アルコールを設置します。
(2)投票所の職員は、マスクを着用し、手洗い及び手指の消毒を励行します。
(3)投票用紙記載台などを定期的に消毒します。
(4)投票用紙記載場所は、一定の間隔を空けて、他の有権者との距離を保ちます。
(5)飛沫防止対策のための、パーテーションを設置します。
(6)投票所内の換気を適宜実施します
(7)クリップペンシルをお渡しします。(鉛筆・シャープペンシルを持参できます。)

ご来場の有権者の皆様にも、以下のご協力をお願いします

(1)ご来場の際は、マスクの着用をお願いします。
(2)ご来場の際は手指のアルコール消毒、咳エチケットにご協力ください。
(3)ご自身で鉛筆・シャープペンシルをご持参できます。
(4)お並びいただく際は、一定の間隔を空けるようお願いします。
(5)期日前投票を、積極的にご活用ください。